美と健康と私

肌の衰えの原因と老化防止のためのエイジングケア

コメントは受け付けていません。

6月 6th, 2019 Posted 4:50 PM

人間は誰しも年を取りますが、年齢を重ねるごとに肌の衰えは自然なことです。
しかし、様々な肌トラブルは見た目年齢を上げてしまうことで多くの人が気になる部分といえます。
年齢を重ねるとホルモンバランスに乱れが生じます。

 
ホルモンは自律神経のバランスを整えたり、血流を良くしたり、新陳代謝を良くします。
そういったことが狂うことで肌には様々な老化現象が起こるのが原因です。肌は適度な水分を保持することで弾力や張りのある、透明感を持った肌質となりますが、年齢とともに肌の水分量は低下します。

 
必要な栄養分が足りなくなることで肌は重力に伴って下がってたるみやシワの原因になります。
また肌は表面にバリア機能を備えていることで紫外線や摩擦、ほこりなどから肌を守りますが、そのバリア機能が低下してしまうことで外部刺激の攻撃を受けやすくなりシミやシワの原因となります。更に体の新陳代謝率が悪くなることで新しい肌への生まれ変わりが遅くなり、古い角質が残ることで毛穴つまりを起こしてくすみやニキビなどができやすくなるといったこともあります。
こうした肌の老化を防止するためのエイジングケアとしては日々の生活習慣の見直しや肌ケアをしっかりと重なうことです。

 
老化により肌の栄養分不足、回復力の低下、長年の紫外線の影響、積み重ねてきた悪い生活習慣などを改善して行くことを心がけます。
まずは、食生活では脂質や糖質などを控えビタミンが豊富にとれる野菜を多くとることや大豆製品などで良質なたんぱく質を摂ります。
そして適度な運動習慣をつけて体内循環を良くし血液が回ること、栄養分が細部にいきわたるようにします。
運動は老廃物の排出にもつながるので大切です。

 
更に良質な睡眠をとることで成長ホルモンの分泌を促し、精神的にも穏やかに過ごすようにします。
そのうえで、毎日の肌ケアには肌内部までしっかりと栄養分が行き届くような高保湿、信徒力の高い基礎化粧品をしようすることも大切です。
体に不足しているホルモンのバランスをとるためにもそれを補うサプリメントなどを活用するのも良い方法です。

顔のたるみ対策に効果のあるセルフケア

コメントは受け付けていません。

3月 6th, 2019 Posted 4:50 PM

顔のたるみが酷くなると、見た目年齢に大きな影響を与えます。実年齢よりもかなり高く見られるようになって、たるんでいることに気付くケースもあります。改善するには美容皮膚科などに行かなければならないと思い込んでいる人が多いようですが、自宅で行えるセルフケアもありますので、まずはすぐに取り入れられる方法を実践してみましょう。

 
手軽に行える対策で効果が高いのは、顔の筋肉を鍛えるフェイスストレッチです。筋力が衰えると顔のお肉を支える働きが弱まってたるみが現れるようになりますので、筋力を取り戻すためのストレッチを行います。やり方は簡単で、口を大きく開いて「あいうえお」と声に出して言うだけです。一音ずつ長めに発音するのがコツであり、1日10回程度行うとかなりの筋力アップになります。慣れないうちは普段使わない筋肉を使っている感覚がかなり強くて疲労を感じるかもしれませんが、慣れてくると楽にできるようになりますので、それまで辛くても回数を調節するなどして続けることが大切です。

 
肌の弾力が失われてくるとたるみにつながりますので、保湿ケアを行うことも忘れてはいけません。加齢とともに肌中に元々存在する潤い成分は減っていき、毛穴を観察してみると縦長になります。そうなったら肌中のバランスは既に大きく崩れている状態ですので化粧品で外側から補うケアを始める必要があります。保湿成分でおすすめなのはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸であり、その中でも潤い効果が持続するセラミドは非常に優秀です。ですから、セラミドにコラーゲンやヒアルロン酸をプラスしてケアを行うのがおすすめであり、毎日きちんと行っていくうちに少しずつ良い状態を取り戻せます。

 
姿勢の悪い人は姿勢が原因でたるみが現れているケースもありますので注意が必要です。猫背の人は改善し、座っている時でも背筋がまっすぐに伸びるように意識することが大事です。猫背の人は顔を前に突き出すことが多く、頬が下に引っ張られてたるみが生じます。

Posted in 小顔ケア