顔のたるみ対策に効果のあるセルフケア

顔のたるみが酷くなると、見た目年齢に大きな影響を与えます。実年齢よりもかなり高く見られるようになって、たるんでいることに気付くケースもあります。改善するには美容皮膚科などに行かなければならないと思い込んでいる人が多いようですが、自宅で行えるセルフケアもありますので、まずはすぐに取り入れられる方法を実践してみましょう。

 
手軽に行える対策で効果が高いのは、顔の筋肉を鍛えるフェイスストレッチです。筋力が衰えると顔のお肉を支える働きが弱まってたるみが現れるようになりますので、筋力を取り戻すためのストレッチを行います。やり方は簡単で、口を大きく開いて「あいうえお」と声に出して言うだけです。一音ずつ長めに発音するのがコツであり、1日10回程度行うとかなりの筋力アップになります。慣れないうちは普段使わない筋肉を使っている感覚がかなり強くて疲労を感じるかもしれませんが、慣れてくると楽にできるようになりますので、それまで辛くても回数を調節するなどして続けることが大切です。

 
肌の弾力が失われてくるとたるみにつながりますので、保湿ケアを行うことも忘れてはいけません。加齢とともに肌中に元々存在する潤い成分は減っていき、毛穴を観察してみると縦長になります。そうなったら肌中のバランスは既に大きく崩れている状態ですので化粧品で外側から補うケアを始める必要があります。保湿成分でおすすめなのはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸であり、その中でも潤い効果が持続するセラミドは非常に優秀です。ですから、セラミドにコラーゲンやヒアルロン酸をプラスしてケアを行うのがおすすめであり、毎日きちんと行っていくうちに少しずつ良い状態を取り戻せます。

 
姿勢の悪い人は姿勢が原因でたるみが現れているケースもありますので注意が必要です。猫背の人は改善し、座っている時でも背筋がまっすぐに伸びるように意識することが大事です。猫背の人は顔を前に突き出すことが多く、頬が下に引っ張られてたるみが生じます。